4歳の女の子:アトピーの症状が改善

来店動機

小児アトピー皮膚炎を発症し、ステロイドの塗り薬を使わずに改善したくて来院。

カウンセリング内容

症状の出たきっかけ

乳児の頃から皮膚が弱く、ずっと荒れていた。

どのような時に症状が出るか

寝ている際に痒みが多い。

身体所見と治療、経過

初回施術

全体的にアトピーが酷く、特に汗だまりする部分、首元や膝裏、背中が特に発赤と湿疹あり。 小児鍼で湿疹部分や汗だまりしやすい部分に施術。 東洋医学的に身体を整えるように施術。

3回目施術(初回から14日後)

3回目の施術で少しではあるが、酷い部分の発赤が引いてきて状態緩和傾向。 ただ夏の時期ということもあってまだ汗で荒れてしまう。 荒れている部分には時折薬を塗ることもあるとのこと。 施術を今まで同様に発赤部分と荒れている周りに対して施術と整えるように小児鍼を用いて施術。

5回目施術(初回から30日後)

夏の時期ではあるが、発赤が全体的に3回目よりも更に緩和傾向。 痒みや発赤も引いているが、最近寝つきもよくなっていると親御さんから報告頂いた。 今まで同様に発赤部分と東洋医学的所見による身体の調整を行う。

10回目施術(初回から約2ヶ月後)

痒みも発赤も初回に比べほぼ減ってきている。 薬を塗る回数が激減し、荒れる際に軽め塗ることがあるとのこと。 東洋医学的所見にて身体を調整するように施術。

現在の様子

最近では痒み、発赤共に消失に近い状況。 残り数回にて改善し、その後はメンテナンスに移行する予定。

お客様のコメント

ステロイドの塗り薬をしなくてよくなったのがとてもありがたい。 子供も寝ている際に痒みで目を覚ますこともなくなった。 今後は子供の状態を見つつ、メンテナンスをしていきたい。

担当者コメント

お子さんの発赤や痒みが減少してスタッフ一同喜んでおります。 今後も状態を見ながら通って頂けたらと思います。

小児鍼について詳しくはこちら

小児鍼

この記事に関する関連記事