70代男性:脊柱管狭窄症による座骨神経痛の症状が改善

来店動機

3年前に脊柱管狭窄症の手術を行い腰の痛み、間欠性跛行の症状は無くなったが 手術後1年過ぎたあたりから沢山歩いた時や長時間椅子に座っていると左足に痺れと痛みが出始める。 徐々に痺れの出る頻度が増え、1週間前から常に痺れを感じるようになり来院。

カウンセリング内容

痛みの出たきっかけ

孫と遊んでいる際に孫を抱き上げた直後に腰に痛みが走りその後左足の痺れと ふくらはぎの痛みが続くようになった。

どのような時に痛みが出るか

痺れは常に感じているが歩行後に痺れを強く感じる。 また趣味の家庭菜園で重労働後の歩行でふくらはぎの痛みが強く歩くのが辛い。

身体所見と治療、経過

初回施術

足を引きずりながら歩行して来院。 姿勢、歪みの検査、筋肉の状態を確認。 骨盤の歪み、ふくらはぎの筋肉の左右のバランスの悪さ、腰部の血行不良による筋肉の硬さが 見られたため、骨盤の矯正、筋肉の血行改善を目的とした筋肉調整を施術しふくらはぎの左右の バランスを整えるためテーピングを貼り終了。 施術後は痺れはあるものの足をひくずることなく歩行可能になる。

2回目施術(初回から2日後)

1回目施術後帰宅してから痺れがいつもより弱いことに気が付き施術の効果を実感。 歩くのも楽になり、引きずることなく歩けていたとの事。 足の痺れ、ふくらはぎの痛みは減ってきたものの腰の張り感と痛みが気になるようになってきた とのことで腰部からふくらはぎにかけて鍼の施術をする。 今後、鍼の施術も合わせてしていくことにする。

7回目施術(初回から21日後)

5回目の施術後から腰の張り感と痛みは消失するも足の痺れはわずかに残る。 日常の生活ではふくらはぎの痛みは感じなくなるが趣味の家庭菜園で重労働をすると足の 痛みがでるが当初の半分以下の痛みになっているとの事。 自宅でできる体操の指導

16回目施術(初回から約2ヶ月後)

12回目の施術後から足の痺れがほとんど気にならないくらいになり、家庭菜園の重労働後もふくらはぎの 痛みも出なくなり足を気にすることなく家庭菜園ができてうれしい喜んで頂く。 15回目の施術の際に筋力検査でインナーマッスルの弱さが認められたため再発の恐れとリスクを説明し EMSでインナーマッスルのトレーニングをすることにした。 再度姿勢、歪みの検査を行い初回来院時と比較し変化を実感して頂く。

現在の様子

初回来院から4カ月が経ち足の痺れ、ふくらはぎの痛みがなくなり趣味の家庭菜園で重労働をしても痛みが 出ることもなく生活できているとの事。 現在はメンテナンスのため2週間に1回のペースで通院中で今後は月に1回のペースで通院の予定。 また自宅で体操を毎日続けている。

お客様のコメント

脊柱管狭窄症の手術を受けて1年ほどで同じような痛みやしびれが出てきてショックでしたがKOKUAさんに 通うようになり痺れと痛みを気にすることなく孫と遊んだり家庭菜園ができるようになりうれしいです。 もっと早くKOKUAさんに来ていたら手術をする必要もなっかたのではと思っております。 スタッフの皆様が親身になって話を聞いてくれ家での過ごし方や体操などを教えてくれるので 飽きることなく通うことができました。

担当者コメント

喜んで頂けて何よりです。 積極的に自宅での過ごし方などを質問して頂だき治したい意欲が伝わってまいりました。 再発しない体づくりのお手伝いを今後もしていきますのでよろしくお願いいたします。

坐骨神経痛について詳しくはこちら

坐骨神経痛

KOKUA鍼灸院・整骨院 新潟万代店

〒950-0901新潟県新潟市中央区弁天2丁目1-1 弁天ビル3F